無g4g3g3g33題
 熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民約150人を受け入れている。
法務省によると、刑務所が災害時に住民の避難場所になるのは初めて。同省幹部は「水や食料が十分にあり、避難者がいる限りケアを続けたい」と話している。

 法務省によると、熊本県益城町で震度7を観測した翌日の15日夜に職員用の武道場を開放。
周辺は住宅が密集し、当初はそこまで多くなかったが、16日未明の地震後に地域の人が一気に訪れ、一時は約250人が身を寄せた。
福岡や山口、広島から職員が応援に入り支援に当たっている。
続きを読む