無fwfwwwfwsfwww題

 千葉県警は19日、0歳だった長男の頭などに暴行を加え死なせたとして、傷害致死の疑いで、同県市原市東国分寺台、父親の会社員内田翔大容疑者(24)=道交法違反罪などで公判中=を逮捕した。

 県警によると、死因は急性硬膜下血腫による呼吸不全で、内田容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、昨年10月下旬から同年11月6日までの間、長男賢大ちゃんの頭などに暴行を加え、死亡させた疑い。

 死亡した賢大ちゃんの頭や顔にはあざや皮下出血のような痕が複数あったことなどから、県警は内田容疑者による暴行が死亡につながった疑いがあると判断した。

 ↓↓特定情報満載


続きを読む