やばたん速報 2chまとめ

やばいと思ったニュースの2ちゃんねるまとめの記事です
※特定情報などもどっさり★お気に入り・ブックマーク★

気軽にツイッターフォロー相互リンク、RSS登録お願いします

マンション

【東京】浅井真弓子(26)首に電気コードが巻かれた状態で死亡 立川市

無f2r245214214213題
 7日午後6時35分頃、東京都立川市西砂町のマンション3階の室内で、20歳代の住人とみられる女性が首に電気コードが巻かれた状態で死亡しているのを、警視庁立川署員が発見した。

 同署は、女性が事件に巻き込まれた可能性があるとみて、捜査を始めた。

 同署幹部によると、同日午後5時半頃、女性の友人が警察に「連絡が取れない」と相談。同署員がマンションを訪れたところ、女性があおむけに倒れていたという。

 玄関は施錠され、室内に荒らされた形跡はなかった。女性は首以外に目立った外傷はなく、同署は身元の確認を急ぐとともに、詳しい死因を調べている
続きを読む

【京都】マンション6階から男児転落して死亡 舞鶴市

無f23f44444題
24日午前11時ごろ、京都府舞鶴市円満寺にある駐車場で「小さな子どもが倒れている」と、車を止めに来た女性から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、隣接するマンションの6階に住む夫婦の長男の松岡結真くん(1)が頭から血を流してうつ伏せの状態で倒れていて、病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、結真くんはおむつをしていて、20歳の母親は「ベッドで一緒に寝ていて、目が覚めたら子どもの姿がなかった」と話しているということです。
続きを読む

福山雅治さんのマンションに「不審な女」侵入

無f23f24242題
 シンガーソングライター・福山雅治さんの東京・渋谷区の自宅マンションに、不審な女が侵入していたことがわかりました。警視庁は、女が侵入した目的などについて詳しく調べています。

 今月6日午後8時半頃、渋谷区にあるシンガーソングライター・福山雅治さんの自宅マンションの敷地内に不審な女がいるのを、帰宅した妻で女優の吹石一恵さんが見つけました。女は年齢50代ぐらいで、吹石さんと鉢合わせになり、そのまま逃走しました。吹石さんにけがはないということです。
続きを読む

【地震】熊本 13階建てのマンション壁が壊れるなど亀裂も

CgCmn5ZUYAU9pxq
14日の地震で震度5強の揺れを観測した熊本市中央区の13階建てのマンションでは、少なくとも9つの階で2つの棟を結ぶ渡り廊下に亀裂が入るなどしているほか、側面の壁も壊れています。
6階に住む56歳の女性は「自分が住む階の渡り通路が割れて段差が出来ていた。

玄関前の壁も剥がれ落ちていた。電気は通っていて水も出るので、なんとか生活できる状態ですが、余震が続いているので怖いです。
子どもたちと避難するかどうか考えています」と話していました。
マンションの12階に住む48歳の女性は「渡り廊下の間にはおよそ50センチの隙間が出来ていました。こんなことは初めてなので、どう直していくのかなど、不安でいっぱいです」と話していました。

続きを読む

【大阪】マンション8階から落ちて渡邉蓮華(4)死亡 枚方

無fef3r3f3題

25日午後、大阪・枚方市のマンションで4歳の女の子が8階のベランダから転落して死亡し、警察は女の子がベランダの手すりを乗り越えて誤って転落したとみて調べています。

 25日午後0時45分ごろ、枚方市走谷1丁目の10階建てのマンションの近くを通りかかった男性から「女の子が倒れていて動かない」と消防に通報がありました。
警察や消防が調べたところ、このマンションの8階に住む渡邉蓮華ちゃん(4)がマンションの敷地内の芝生の上で心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが間もなく死亡しま
した。


続きを読む

【横浜】大型マンション傾く 建築基準法違反の疑い 三井不動産

3rr3r3r3r無題


 三井不動産などが販売した横浜市内の大型マンションで、
建設時に必要な地盤調査の一部をせずに別のデータを転用するなどして基礎工事を行った可能性があることが14日、分かった。

マンションが傾く事態となっており、国土交通省は販売元の三井不動産レジデンシャルと施工主の三井住友建設に原因究明を指示した。建築基準法違反の疑いがあるとみて、横浜市とともに調査を始める。

 国交省によると、問題のマンションは平成18年に販売を開始した横浜市都筑区内の4棟で最高12階建て。
大型商業施設に隣接し、計700戸以上を擁する。

続きを読む
Twitter気軽にフォローよろしく
相互RSS
格安SIM フリースマホに
買い物は楽天
最新記事
livedoor プロフィール
相互RSS
メッセージ

名前
メール
本文