無f23f2454545545題
 大阪市教育委員会は27日、顧問を務めていたソフトボール部の当時1年の女子生徒にけがをさせたとして市立本庄中(同市東成区)の坂本健太教諭(26)を停職3カ月の懲戒処分にした。当時の男性校長(56)は戒告。

 大阪市では2012年12月、市立桜宮高バスケットボール部の男子生徒が顧問の体罰で自殺。市は研修など再発防止に取り組んでいた。

 坂本教諭はことし2月13日、ソフト部の練習試合でミスした生徒に審判用マスクを投げ付け、後頭部を4針縫う全治7日のけがをさせた。この生徒を含む部員9人を対象に調査し、拳や平手で殴ったりする暴力を少なくとも計63回したことが判明した。
続きを読む