無fw3w333題


 近畿大学の元学生の男ら4人が飲酒運転で事故を起こしたように装い、同乗していた女子大学生から示談金名目で130万円をだまし取ったとして逮捕されました。

 警察によりますと、元近畿大学農学部の3年生、岡本孝司容疑者(20)ら4人は去年9月、一緒に酒を飲んだ女子学生(21)を車で送る際に、奈良市内で歩行者をはねたように見せかけ、女子学生から示談金名目で現金130万円をだまし取った疑いが持たれています。

 4人の中には、はねられ役のほか、弁護士の息子役もいて、「同乗者も示談金を支払わなければならない」と電話で父親の弁護士に聞くふりをしていたということです。

 「学生のモラルの向上と、飲酒運転を含め法令遵守の指導を強化して行うなど、再発防止に努めて参ります」(近畿大学農学部 重岡成学部長)

 調べに対し、4人は容疑をおおむね認めているということで、警察は、同様の手口で他にも3件、あわせて177万円余りをだまし取ったとみて調べています。
引用元 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2672759.html
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2054780551.html?t=1451980735864


「大学の知人などを狙ってほかにも同様の詐欺を繰り返していた」被害額は今回の分をあわせて370万円あまりにのぼるという。
 他の3人の名前が出ないことから、岡本孝司容疑者がシナリオストーリーを考えて詐欺の主犯格だと思われます。